Making Linings

サイド板とトップ&バック板の「糊しろ」になる部分を作りました。

Lining(ライニング)、Liner(ライナー)、Kerfing(カーフィング)などと呼ばれます。

私はポートオーフォードシダーという、ヒノキ科の材を使います。

 

柾目の良材を用意します。長さは850mmもあれば十分です。

f:id:RyosukeKobayashiGuitars:20171218021742j:plain

 

挽き割った後で厚みを整えます。

f:id:RyosukeKobayashiGuitars:20171218021952j:plain

 

片面に等間隔で切り込みをいれます。

f:id:RyosukeKobayashiGuitars:20171218022025j:plain

 

幅を揃えて切ります。 

f:id:RyosukeKobayashiGuitars:20171218022040j:plain

 

 面取りします。

f:id:RyosukeKobayashiGuitars:20171218022057j:plain

 

 バックは板のRがきついので、Y軸もフレキシブルになるように反対側にも切り込みをいれます。

f:id:RyosukeKobayashiGuitars:20171218022126j:plain

 

 これは、Carolien Laroさんというデザイナーの方が設計した椅子からきた発想です。

f:id:RyosukeKobayashiGuitars:20171218022203j:plain

f:id:RyosukeKobayashiGuitars:20171218022217j:plain

 

 このように、Y軸にも曲がります。

f:id:RyosukeKobayashiGuitars:20171218022338j:plain

 

この部分につける部材です。

f:id:RyosukeKobayashiGuitars:20171218022356j:plain